本文へスキップ

メディカルケアワーカー検定(看護助手)1・2級講座

看護助手の現状と将来性

メディカルケアワーカー検定講座

メディカルケアワーカー検定講座HEADLINE

看護助手の現状と将来性


優秀な人材が求められ、ほとんどいなかった看護業務補助者も今では約20万人にまでのぼり、まだ増え続けています。平成17年では准看護師の人数も上回り現場にて必要とされていることが伺えます。

元来、病院では医師・看護師の2者が主体となって成り立っていた部分が強かったのですが、医療の前進、看護サービスの向上といった病院自体のあり方が大きく変化しつつあります。

今までの役割を見直すことによって医師や看護師でなくてもできる仕事を別の人に行ってもらうという発想が生まれました。専門性を高めるためには、一人の患者に要する時間を少しでも多くしようと考えたのです。

つまり、この過程で生まれた看護助手という職業は、病院内における専門性を高めるために非常に重要な仕事であると考えられてます。全国の医療機関をはじめ、福祉施設や多くの人材サービス会社が「メディカルケアワーカーR」の資格取得者を待ちわびています。


メディカルケアワーカー検定(看護助手)1・2級講座

看護助手講座 ヒューマンアカデミー 
メディカルケアワーカー検定講座

価格: 38,000円(税込)
即戦力となれるメディカルケアワーカー®の知識から接遇・マナーを身につける


看護助手